研究員



●研究員(兼、代表)プロフィール


 中井俊已

  1959年 生まれ。
  1982年 長崎大学教育学部卒業後、精道三川台小・中学校に20年間勤務し
         日々、小学1年生から中学3年生の子どもたちと接する。
         「長崎新聞」でのエッセー連載を機に執筆・講演活動をおこなう。
  2002年 執筆活動のために精道三川台小・中学校を退職し、
         3年間、同校に講師とし勤務する。
  2005年 4月から作家・教育評論家として独立する。
  2009年 4月から日本男女別学研究会を発足し代表になる。

 ◆おもな著書


   
★男女別学関係書

   『男女別学で子どもは伸びる!』(学研パブリッシング)

   『男の子って、どうしたら勉強するの?』(学研教育出版)

   『女の子って、勉強で人生が変わるんだ!』(学研教育出版)

   『なぜ男女別学は子どもを伸ばすのか』(学研パブリッシング)

    男女別ドリル『小1ドリル HEROES こくご+さんすう』 
            『小1ドリル HAPPY こくご+さんすう』(学研教育出版)の監修

   
★教育書

   『子どもの「いいところ」を伸ばすほめ言葉ブック』
   『子どもの生きる力を伸ばす本』 
 『オッケー!』(以上、PHP研究所)
  
   『思いやりを育てるしつけ51のヒント』
   『子どもを伸ばすほめ方叱り方51のヒント』
   『学力も人間力も伸ばす子育て51のヒント』(以上、学陽書房)

  
 ★児童書

   『永井隆 平和を祈り愛に生きた医師』(童心社)
   『きっと勇気がでる魔法の言葉』全3巻(汐文社)
   『こころを育てる魔法の言葉』全3巻(汐文社)
   『もしも天国のマザー・テレサが君のそばにいたら』(PHP研究所)

   
★その他の主な著書

   『ラッキー!』 『ハッピー!』 『元気がでる魔法の口ぐせ』
   『マザー・テレサ愛の花束』 (以上、PHP研究所)

                                  日本での著書は現在、約60冊。

◆メルマガ発行(無料)

  「教育プラスアップ1」(毎週火曜日)
  「心の糧・きっとよくなる!いい言葉」(毎週月・金曜日)

◆作家としてのHP

  中井俊已WebSite



長崎の市花(あじさい)